WHOテドロス事務局長・本当に無能なの?学歴・経歴と新型コロナについての表明まとめ

※当サイトはプロモーションが含まれています。

政治家
スポンサーリンク

スポンサーリンク

WHO(世界保健機関)について

まずWHO(世界保健機関)について簡単に解説。

世界保健機関( World Health Organization、略称: WHO)は、1948年4月7日に設立され、本部はスイス・ジュネーヴにあります。

人間の健康を基本的人権の一つと捉え、その達成を目的として設立された国際連合の専門機関(国際連合機関)です。

事務局長がWHOのトップとなります。

引用元:Wikipedia

歴代事務局長

氏名 就任日 退任日 出身国/地域
1 ブロック・チゾム 1948年7月21日 1953年7月21日  カナダ
2 マルコリーノ・ゴメス・カンダウ 1953年7月21日 1973年7月21日  ブラジル
3 ハルフダン・T・マーラー 1973年7月21日 1988年7月21日  デンマーク
4 中嶋宏 1988年7月21日 1998年7月21日  日本
5 グロ・ハーレム・ブルントラント 1998年7月21日 2003年7月21日  ノルウェー
6 李鍾郁 2003年7月21日 2006年5月22日  韓国
臨時 アンデルス・ノルドストレム 2006年5月22日 2007年1月4日  スウェーデン
7 陳馮富珍(マーガレット・チャン) 2007年1月4日 2017年7月1日  香港
8 テドロス・アダノム 2017年7月1日 (現職)  エチオピア
スポンサーリンク

WHO(世界保健機関)テドロス事務局長について

テドロスのプロフィール

  • 名前:テドロス・アダノム・ゲブレイェソス
  • 生年月日:1965年3月3日
  • 年齢:59歳(2024年7月現在)
  • 出生地:エチオピア帝国エリトリア州アスマラ
  • 出身校:
    1986年、アスマラ大学から生物学の学士号(BSc)を取得。 ロンドン大学衛生学熱帯医学部で感染症の免疫学の修士号を取得。 2000年、ノッティンガム大学で地域保健学の哲学博士号(PhD)を取得。

テドロスの経歴

  • アスマラ大学を卒業後、1986年に保健省に入る。
  • 国際的に認められているマラリア研究者、保健大臣として、テドロスは、保健サービスを提供し、主要な結果を大幅に改善したことで、革新的でシステム全体の健康改革を称賛される。
  • 約40,000人の女性を健康増進労働者として雇用し訓練したことが挙げられ、乳児死亡率を2006年には出生1,000人あたり123人の死亡から、2011年の88人まで削減し、医師や助産師を含む健康幹部の雇用を増やした。
  • 2009年7月、2年間の任期でAIDS、結核、マラリアと戦うためのグローバル基金の理事長に選出される。
  • 2012年11月、テドロスは、EPRDF党首(兼首相)として承認された後、 ハイレマリアム・デサレグの内閣改造の一環として、外務大臣に任命される。
  • 2014年、アフリカ連合(AU)理事会の議長として、アフリカの政治的および社会経済的ガバナンスと開発におけるパラダイムシフトが、アフリカ大陸の長期的な課題を実現するために必要であると強調した。 地域紛争の解決に活躍した。
  • 2017年5月23日、総会で世界保健機関の事務局長に選出される。
  • 2017年7月1日から任期は5年間
  • テドロス・アダノムは既婚で、5人の子どもがいます。
ペル
ペル

エチオピアの健康促進に大きく貢献している人なんですね

コメント